本文へ移動

工法開発までの道のり

きっかけ

 消雪管内洗浄工法を開発し、消雪管洗浄に自治体を回っているときに、ある市役所での声があらたな開発のきっかけとなりました。その市役所での話によると、錆びた井戸を洗浄しても、今一つ効果が無い"水の汲み上げ量がふえない"との現場での声を耳にしました。井戸の新しい工法での洗浄法、「汲み上げ量を現状よりも増やし、井戸の再生を行う」早速、社にかえりスタッフ、メーカー、現有限会社パイプ美人の社長鈴木さんと開発を開始しました。

木之本土木事務所の技官との出会い

 開発期間は約1年かかりました。エヌティエル式洗浄回転ノズルの回転数や圧力など、深井戸の距離の関係など何度も試行錯誤をくりかえし試作品が完成しました。
エヌティエル式洗浄ノズルの試作品を作ってみたものの、実際の試験をやってみなければ本当の効果はわかりません。そのとき、試験の機会を与えてくださったのが木之本土木事務所の雪害対策専門技官でした。この井戸が第1号のエヌティエル式洗浄工法により洗浄され甦ったのです。
 正直、うまく行くかどうかの明暗がかかっていましたが、見事この洗浄威力が証明されました。技官のおかげで新工法開発から3年目にして兵庫県から新潟県まで40数本の実績ができたのです。

次のステップへ

 これにより従来の洗浄方法に比べ、期間短縮ができ安全性、コストの面でもさらによくなりました。さらに今後の開発ステップとして、深井戸ノズルの新しい発想に取り組み、世界のポンプメーカー様との共同開発に成功致しました。これからは、だれでもが簡単に行えるように改良を加えたいと思っています。
株式会社エヌティエル
〒929-0214
石川県白山市長屋町イ98番地3
TEL(076)278-4233
FAX(076)278-6863
TOPへ戻る