本文へ移動

消雪管内洗浄工法

消雪管内は詰まる!!

消雪装置の主管等は、毎年降雪時を終えると、3月下旬頃から11月初旬頃まで全く使用することがありません。
この間、消雪装置の本管内に砂、泥、錆等が絡み合って管内に詰まりを生じ降雪時に装置が稼動しなくなるため、シーズン前に消雪装置、特にパイプの点検が必要になります。

従来の洗浄では不完全で非効率!!

従来の方法では完全な洗浄ができず、水流や水の噴出具合にバラツキが生じ、その都度手作業等により修理、改修を行ってきました。

徹底した洗管洗浄でクリーンアップ!!

  • 水吹き出し口からの挿入工法のため、掘りおこし工事が不要。低コスト・時間もかからず、通行止めなどの弊害はありません。
  • 超高圧水の噴射で洗浄することにより従来清掃が不可能であった曲折部の洗浄が確実に可能。
  • 1日に70mの洗浄が可能。(作業現場の状況により変更あり)

洗浄工法解説 ★工法特許

 1  消雪パイプの詰まっている部分の水吹き出し口に、孔径10mmの超高圧メッシュホースを挿入。
 2  超高圧水を噴射し、水吹き出し口管や本管に詰まっているサビ、砂が吹き出し口や本管内より流れ出す。
 3  超高圧水の噴射により、ほとんどの詰まり(サビ、砂)が排除される。

 4  1日に70m、スピーディで確実な洗浄が実証されます。


ノズルからは超高圧水が勢いよく噴射するので、本管内のノズルの後方より水の噴射側が真空状態となり、ノズルより先方側の本管内の錆や砂等が、水の噴出側に吸い寄せられ、超高圧メッシュホースの届かない先方部に詰まっているものまでも排出される。

最近の作業実績より

...以上、一部抜粋

作業風景アルバムより

作業風景
洗浄状況
赤錆噴出状況
消雪管洗浄後状況
洗浄後状況
清掃作業
ノズル調整作業
作業完了
株式会社エヌティエル
〒929-0214
石川県白山市長屋町イ98番地3
TEL(076)278-4233
FAX(076)278-6863
TOPへ戻る